BeeZee's HIGH
愛車「MAZDASPEED AXELA」のいじくり日記。       30過ぎて車に興味を覚えた自分の奮闘記。     同時進行で自作パソコンの事など。
プロフィール

BeeZee

Author:BeeZee
   歳:30はとっくに・・・
いるトコ:ずっとハマッ子
  最近:ダラ~っと

My AXELA is...
  MAZDASPEED AXELA
  COSMIC BLUE MC
  2300 DISI TURBO / 6MT

ゆる時計(仮)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと遅くなりましたが・・・大魔神佐々木の引退。
生まれついてのハマッ子(死語)なBeeZeeは、生まれついての
横浜ベイスターズ(旧大洋ホエールズ)ファンです。。。

 (巨人のキャップを被っている幼少の写真がありますが、
 当の本人には記憶が無いので認めていませんw)

さてさて、常勝球団とはほど遠いベイスターズはごくまれにしか優勝しません。
どれぐらいまれか?というと・・・
今までの優勝回数2度、その間に38年かかってるぐらいです(^^;。
なにしろAクラス入りすらまれ、常に4~6位をさまよっている有様、
以前は「自分生きている間に優勝シーンなんて見れないだろうな」なんて
思ったりしていましたw。

そんな年を重ねる中で、1998年に思いも寄らぬ「優勝・日本一」という機会に遭遇しました。
その時の中心メンバー、またその年のMVPとなったのが、
堂々とした体格、マウンドでの仁王立ち、鬼神のごとく相手を睨み付け、
どんなピンチにも動じないことから、いつしか「大魔神」と呼ばれた
クローザー、佐々木主浩です。


その優勝した98年は、リードした試合でベイスターズが最後の攻撃回を終えると同時に
観客・応援席からは次第に「さ・さ・き!」のコールが起こり、
「○○に代わりまして、ピッチャー、佐々木」で
場内ボルテージが最高潮に達っするそのシーンを思い出すと
今でも結構胸が熱くなります。

ベイスターズの日本一をやり遂げた彼は大リーグ・シアトルマリナーズに移り、
そこでも、イチローとともに記録的な勝利数での優勝に貢献することとなります。

しかしここ3年程、相次ぐ怪我などにより年々急激に力が衰え、
マリナーズから古巣ベイスターズに戻っても、遂にその過去の栄光を
完全に取り戻す事はありませんでした。

そして今年、とうとう引退を決意する事となりました。

ここ最近の彼のゴシップネタや、とても潔いとはいえない
身の振り方によって、身内であるベイスターズファンでも
引き際を汚してしまったな、と感じさせる面がありました。

しかし、やはり偉大な投手の一人である事、その栄光が曇る事はありません。
彼が残していった成績が、その事を証明しています。

お疲れ様、佐々木。
夢だった「日本一」をくれて有り難う。
そしていつしか、彼に続く偉大なクローザーが誕生する事を願って・・・。


【通算成績】
横浜ベイスターズ(11年間) 43勝 35敗 248セーブ
シアトルマリナーズ(4年間) 7勝 16敗 129セーブ
     計       50勝 51敗 377セーブ 防御率2.56


【主なタイトル】
最優秀救援投手 1992・95・96・97・98年
MVP(最優秀選手賞) 1998年
ベストナイン 1998年
正力松太郎賞 1998年
アメリカンリーグ新人王 2000年
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://beezee.blog26.fc2.com/tb.php/8-d79c98d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さよなら大魔神

横浜ベイスターズの佐々木投手が今シーズンいっぱいで引退しました。この私は生まれて29年間横浜ベイスターズFAN。「横浜大洋ホエールズ」からのファンです。小学生の頃、大洋ファンはたぶん福島県で自分だけだったでしょうな。チームの選手なんか誰も知らな.... tacchan's color pencil【2005/10/10 19:27】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。