BeeZee's HIGH
愛車「MAZDASPEED AXELA」のいじくり日記。       30過ぎて車に興味を覚えた自分の奮闘記。     同時進行で自作パソコンの事など。
プロフィール

BeeZee

Author:BeeZee
   歳:30はとっくに・・・
いるトコ:ずっとハマッ子
  最近:ダラ~っと

My AXELA is...
  MAZDASPEED AXELA
  COSMIC BLUE MC
  2300 DISI TURBO / 6MT

ゆる時計(仮)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音の良いCDドライブ・・・
な~んやねんそれっ!(偽関西人)

と、ツッコミうけるでしょうがw。

パソコンネタなのでお題はCD-ROM系ドライブ。
音が良いというのは、「アナログ出力」および
「リッピング」結果で、主観で音が良いなぁと
思ったということです(^^;。

あ・・・このテの音質云々は昔からいろいろ議論になりがちですが、
あくまでも「私の好み的に、私の耳で」評価してますので
あしからず。



先に断っておきます。マニアックな話でスミマセンw。

事の発端は・・・

年末色々と買い物をしすぎてお金無い時にタイミング悪く、
先日サブマシンに取り付けていたDVDRドライブ
「Plextor PX-712A」のDVD機能だけが、どういう訳か
壊れてしまいました。。。

さて困った。
前回パソコンネタでご紹介した通り、この712Aの後継機として
760Aという機種の発売を待ち望んでいたのですが
未だ一向に発売の気配なし。
(というか、どうも開発に手間取っているらしい。(^^;)
ここで緊急に別の機種を買う余裕もなく、
前回間違えて買い、ずっと眠っていたこの「Plextor PX-750A」が、
思いがけず日の目を見る事となりました。

ブラック仕様・・

【フロントベゼルを取り替えてます・・】

さてその壊れてしまった712Aとのリプレイスで取り付けた後、
まずは音楽CDを鳴らしてみました。

「おっ、音が良いじゃんこれっ!」


いや、はっきり言って「目から鱗が~」な感じです(^^;。
正直全然期待していなかった(焼き性能は思い切り酷評されていた)
ドライブでしたのでw。

昔から、何十台と色々なドライブ(CD-ROM、CD-R、DVD-R等)にさわってきましたが、
私は中でも一番大事に思っていたのが、この「音が良い」という点でした。
低域から高域までバランス良く、変に強調されずクセ無い音が出るか?、
ノイズはどうか?、音場感、音像再現はどうか?、等々
端的に「私好みに音楽を聴かせてくれるかどうか?」を
主にリッピングしたWAVEファイルなどで判断しています。
記録形態はデジタルなんだから音が変わるはず無いじゃん!
と思われる方も居ると思いますが。。。

参考までに、過去これはいい!と思ったドライブは・・

【CD-ROM】
Plextor *PX-40TS、TEAC CD-532EorS/CD-540E

【CD-R(W)】
Plextor PX-R412C/*PX-W5232TA(PlexwriterPremium)
TEAC CD-R55S/CD-W54E
YAMAHA *CRW3200/CRW-70/*CRW-F1

【DVD-R(W)】
Plextor PX-712A

(*のついた機種は、我が家で現役)
#ご存じの方なら、昔SONY CDU948SやYAMAHA CDE100、
 他Plextorのプロ用など、音質面で名機と呼ばれたドライブがありますが、
 いかんせん触った事無いので割愛(^^;。

TEACのドライブはあまり音域の広さを欲張ることなく帯域内を充実させ、
中低域・中高域の若干の強調感が聴きやすさにつながり、
直接音より間接音を比較的聴かせる音場感重視型で
好感を持っていました。
これはTEACのオーディオ専用機(カセットデッキやCDプレイヤー)
などにも通じる音作りだと思っています。
ちなみにPlextorは音域の広さがピカ一、かつ内も薄くならず
音域や直接・間接音バランスはフラット重視、ある意味原音忠実型。
YAMAHAは音域特徴はTEAC同様、中高域に独特の張りがありボーカルが綺麗。
TEACよりさらに間接音が強い印象です。

私は結構TEACの音が好きで色々とドライブを買いましたが、
CD-W54E以降のものは中低域・中高域がさらに強調され、
音が硬くてバランスが悪く、ちょっと聴きにくい音だなぁと
印象が悪くなっていました。
さらに市場の価格下落による競争激化で、TEAC自体があまり
自社開発の新商品を出さなくなっていた中、
久々に自社開発として話題になったのが、この
750AのOEM元となったTEAC DV-W516Eでした。

ただ、この悪くなったままの印象を引きずっていたため
音質面なんてハナから期待していなかったのですが・・・
いざフタを開けてみると「目から鱗~」という訳です(^^;。
中低域・中高域の程良い強調感、適度な音のしなやかさが戻り、
音場感重視も相変わらず、一般的な評価ポイントとはまた違う、
私の中の高評価ドライブと相成りましたw。
(あ、焼き性能もファームウェアの改良で段々と良くなって
 いるようですので、今後に期待してます。(^^;)

ここで急遽予定変更。
壊れた712Aのリプレイスには、以前より使っていた他のドライブに代わり、
この750Aはリッピング&MP3作成用のマシンに取り付ける事になりました。

サブサブマシンw

【取り付けてみました。】

これから正月休みの間は、カーステ用に作っていた
手持ちのCDのMP3ファイル化を全てやり直しですw。

と言う事で、今年最後のブログ更新はこれにて終了。
皆様良い年をお迎え下さいませ、
また新しい年も何とぞ宜しゅう。。。 <(_ _)>

スポンサーサイト

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://beezee.blog26.fc2.com/tb.php/28-c18a7137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。